アマゾン、和書を20%オフ 出版社の協力で定価からの割引販売が実現

2015-06-26 18.10.38

 

 アマゾンジャパン株式会社(Amazon.co.jp)は26日、和書としては初めての割引セール「夏の読書推進お買得キャンペー ン」を開始した。期間は7月31日まで。出版社6社(ダイヤモンド社、インプレス、廣済堂、主婦の友社、サンクチュアリ出版、翔泳社)の110タイトルを 定価から20%割引で販売する。

 

 対象書籍は、累計販売270万分を超えた「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」など。一部、ムック本も含まれる。

 和書は通常、再販売価格維持制度にて定価販売を行っているが、今回、出版社6社の協力により、期間限定で割引販売を行える許可を Amazon.co.jpが得るかたちで実現した。対象タイトルは出版社側が選定。期間は出版社ごとに異なるため、キャンペーン終了後も一部のタイトルは 割引販売が延長されるものもあるという。

 対象出版社の拡大は今のところ未定としているが、まずは今回の6社とキャンペーンを行い、出版社側と協力しながら拡大したいとしてい るほか、同様のキャンペーンは今後も行いたいとしている。なお、今回の対象タイトルを一般書店でも割引販売するかについては、出版社次第だとしている。

 キャンペーン期間中は、和書の割引販売のほかに、プリントオンデマンド書籍を50%値引きするほか、洋書値引き均一セール、最大20%ポイント還元キャンペーンなどを展開する。

 

50%引きで買った本を、Amazon買い取りにだした場合を検証してみた。

 

2015-06-26 18.18.35

50%オフで
買うとして

2015-06-26 18.18.50

買取価格

972円 – 513円 = 459円

1,944円の本が実質 459円で読めるという計算

 

最近は、dマガジンとか破格のオトクサービスもあるし、

紙媒体の需要もあるから、こういう販売形態もいいと思います!

 

 

夏の読書推進お買得キャンペーン

 

 


Amazon.co.jp、和書を2割引で販売、出版社6社が協力、110タイトルについて定価からの割引販売を認める
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150626_708949.html

あわせて読みたい