【スゴイでござる!】筑波大、触れる空中ディスプレイ、レーザーで空気をプラズマ化

 fltop

 

筑波大 落合陽一 助教率いる研究チームが、空中に触れる光のパターンを描く Fairy Lights in Femtoseconds を発表しました。レーザーで空気分子をプラズマ化することで、空中に光で三次元の像を描く仕組みです。

発振時間のごく短いフェムト秒レーザーを用い制御することにより、指で遮っても皮膚にほぼダメージを与えない一方、プラズマによるわずかな衝撃で触った感覚を得られることが特徴。また光学的にアタリ判定もでき、「触れて反応する空間ディスプレイ」を実現します。

 

 2015-06-30 06.17.07

 

 

 

 

wakwak

未来がひろがりんぐッ!

 

 


触れる空中ディスプレイFairy Lights in Femtoseconds発表、レーザーで空気をプラズマ化
http://japanese.engadget.com/2015/06/29/fairy-lights-in-femtoseconds/?ncid=rss_truncated

あわせて読みたい