なりたいな!なりたいな!ショートスリーパーになりたいな!(ビッグスモールン)

2015-07-09 09.24.46
bySamDeLong

 

「人は眠っている時に記憶を整理したり脳細胞のダメージを修復したり脳内の老廃物を取り除いたりしている」というのが通説です。カリフォルニア大学で睡眠の研究を行っているYing-HuiFu教授によると、ショートスリーパーの人たちはDEC2遺伝子の突然変異によって脳内の情報整理を普通の人よりも短い時間で済ませることができるため、睡眠時間が短くても問題ないのではないかと考えられているそうです。

しかし、睡眠時間が短い場合、通常は健康状態や生活の質、寿命などに多大な影響を及ぼすだけでなく、気分が落ち込んだり体重が増えたり、脳卒中や糖尿病のリスクが高くなったりといった数々の問題が生じます。Ying教授は「睡眠は人生において重要なもので、十分に睡眠を取ることで認知症など多くの病気を予防することができ、逆に睡眠が不足していると脳の認知機能が低下してしまいます」と語っています。

Ying教授は今後、「短い睡眠時間しか取ることができない」という不眠症の患者ではなく、「短い睡眠時間でも毎日健康的に暮らしている」ショートスリーパーの人々を対象に研究を進めていきたい考えです。Ying教授は現在、複数のショートスリーパー家系の人々の遺伝子配列を研究していて、「研究が進めばいつか一般の人でもショートスリーパーになれる可能性がある」と話しています。

 

ショートスリーパーに憧れるゥ、ロングスリーパーです(;´(エ)`)

朝起きて、タブレットで読書しようとすると数分で寝てしまう。

しかも、何度でも・・・何度でも・・・

 

睡眠短いと、内蔵にくるお年ごろ ε-(´(エ)`*)

 

タイトルのビッグスモールンはこちら

 


極めて短時間の睡眠しか必要としない人々は普通の人と何が違うのか?-GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20150709-people-need-very-little-sleep/

あわせて読みたい