IBMのワトソン君 + ペッパー君のコンビでがん治療を変える?

 

 ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2015」が7月30~31日の2日間にわたり開催中だ。今年も数多くの企業が講演しているが、ひときわ存在感を放っていたのが、IBMが開発を進める人 工知能「Watson(ワトソン)」。両日のほとんどの時間帯に、Watsonのセッションが設けられているほどだ。

 Watsonは、ウェブサイトの情報やSNSへの投稿、IoT端末のセンサ情報など、膨大なデータを分析することで、自然言語で投げかけられた質 問の内容を解釈し、根拠に基づいた回答を提示する質問応答システム。人と同じように情報から学び、経験から成長することが特徴で、IBMではWatson を“コグニティブ・コンピューティング”と呼んでいる。

 
150731_watson_001
人工知能「Watson(ワトソン)」
 

 たとえば、「38℃以上の高熱が数日続き、首のリンパ節が腫れている」と質問されたとする。すると、Watsonは「高熱が続く症状としては『イ ンフルエンザ』や『風疹』が考えられるが、首のリンパ節が腫れるのであれば『風疹』である可能性が高い」というように、根拠をもとに多様な評価軸から正解 を特定する。もちろん、その答えを導き出した情報ソースもすぐに確認できる。

 7月30日の基調講演で登壇した、IBMワトソングループ上級副社長のマイク・ローディン氏は、常識や倫理、想像力といった人間だからこそ持つ優 位点と、パターン認識や機械学習、偏りの排除といった人工知能の強みを組み合わせることで、人類の進化の速度さらに飛躍させられると語る。

 もともとはIBMの基礎研究として2011年に生まれたWatson。米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」に挑戦し、約9割という高い正 答率で最高金額の賞金を獲得したことから、実用化に向けた開発が始まった。2013年には開発者向けのAPIも開放しており、いまでは世界中の事業者が Watsonを使ってサービス開発や研究をしている。

 

 

また「がん治療」には、2012年から活用されていた。IBMはウェルポイント社とメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターのそれぞれと協力 し、1年以上かけてWatsonにがんに関する情報を学習させた。その内容は、60万件以上の医学研究結果、42誌の医学専門誌に記載された200万ペー ジのテキストと臨床試験データ、患者の経過など150万件のがん治療履歴のデータなどで、いまでは数秒でこれらの情報を根拠に、医師に治療法を提案できる までに進化しているという。

 

150731_watson_008
がん治療に活用されている

 

 さらに7月30日には、日本IBMが東京大学 医科学研究所とともに、データ分析ツール「Watson Genomic Analytics」を新たながん研究に役立てることを発表した。がん細胞のゲノムを調べ、それぞれのがんに合った治療を提供する個別化医療の実現を目指 す。なお、北米以外の医療研究機関で同ツールを利用するのは、東京大学が初めてとなる。

 

 

windowsのワトソン博士もガンバレ。

 

 

ワトソン博士Dr.Watson

ワトソン博士とは、Windowsに付属している自動診断ソフト。ソフトウェアの実行中に続行不能な致命的エラーが発生すると自動的に起動して、メモリなどの状況をディスクにログファイルとして保存したり、エラーの原因を調査する手がかりとなる情報を表示したりしてくれる。

e-words.jp

 

 


がん治療を変える、Pepperへの搭載も–人工知能「IBM Watson」の可能性 – CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/business/35068179/

あわせて読みたい