『Fallout 4』をプレイし過ぎて会社をクビ、妻とも離婚 → 開発会社を提訴

ss_d7e392145d393932fa86d6460db03d4a0038e320.1920x1080

 

ロシアの法律事務所「イェディーニイ・セントル・ザシーティ(Единый центр защиты)」は、同国在住の28歳の男性が『Fallout 4』によって個人の生活を破壊されたとして、開発・販売元のBethesda Softworksとロシア語のローカライズを担当した企業を提訴した。『Fallout 4』の依存性の高さが原因で非金銭的な苦痛を負ったとして、50万ロシアルーブル(約85万円)を求めている。

このロシア人はシベリア中部のクラスノヤルスク市に住む28歳の男性だ。ある日『Fallout 4』の広告を見たという彼は、ゲームを購入することを決意。手に入れて2晩ほどだけプレイするはずが、3週間ものあいだ友人にも会わずに同作に没頭するこ とになったと声明では伝えられている。男性はこのあいだ重度の睡眠不足と栄養失調によって体調を崩し、さらに『Fallout 4』をプレイしすぎたことが原因で妻と喧嘩し別れることになった。また仕事をたびたび休むようになったため、欠勤を理由に会社から解雇を通達されたとい う。

『Fallout 4』をプレイし過ぎて会社をクビに、妻とも離婚。ロシア在住の男性が「依存性が高すぎる」とBethesdaなど提訴
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/one-rosian-player-sues-bethesda-softworks-for-fallout-4-addiction/

 

 

ハハ・・・

 

ベセスダ・ソフトワークス
Bethesda Softworks, LLC 種類     有限責任会社
本社所在地     アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州ロックビル
設立     1986年
業種     情報・通信業
事業内容     ゲームソフトの開発・販売
代表者     Vlatko Andonov
主要株主     ゼニマックス・メディア
外部リンク     http://www.bethsoft.com

ベセスダ・ソフトワークス (Bethesda Softworks, LLC) は、アメリカ合衆国のコンピュータゲーム会社。ZeniMax Media の子会社で、もともとメリーランド州ベセスダに所在し、最終的に現在の同州ロックビルに移った。ロールプレイング、レース、シミュレーション、およびスポーツゲームなど広範な作品があり、ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア株式会社など主なフランチャイズが世界的に分布している。

ベセスダ・ソフトワークス – Wikipedia

あわせて読みたい