『Call of Duty2』に登場した実在の反乱軍リーダー その家族が制作会社を提訴

1602_call_of_duty

 

■家族「父親が“野蛮な”リーダーとして描かれている」

 2002年に一応の収束を見せたものの、30年以上の長きにわたって続いたアフリカ・アンゴラ内戦――。その反政府側・アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)の創始者で元リーダーの故ジョナス・サヴィンビ氏の家族が、人気のFPSシリーズ『コール オブ デューティ ブラックオプス2』に同氏のキャラクターが登場し、“野蛮人”のように描かれているとして同作を制作販売しているアクティビジョン・ブリザードを訴えてい る。フランス・パリに住む故ジョナス・サヴィンビ氏の3人の子息が、アクティビジョン・ブリザードのフランス支社をナンテールの裁判所に提訴したのだ。

 ゲーム内に登場するサヴィンビ氏は圧政を敷いていたアンゴラ解放人民運動(MPLA)に立ち向かう反乱軍のリーダーとして描かれている。顔や体格、軍服や星印の飾りがついたベレー帽まで忠実に再現されており、実在した同氏をモデルにしていることは周知の前提である。

 家族はゲーム内のサヴィンビ氏が“野蛮な”リーダーとして描かれていると主張しているのだが、アクティビジョン・ブリザード側はこれに反論。「ど ちらかといえば好ましいキャラクター」として登場していると述べている。ゲーム内での人物設定でも、サヴィンビ氏は主人公・メイソンたちの味方側の勢力と して登場しているからだ。はたして判決はどちらに軍配があがるのだろうか。

 

5:58~から登場

 

 

確かにプレイ時の印象は「野蛮人」というか「豪快」な印象があったな。

でも、味方としては頼もしかった印象も。

 

動画を観ると、良いオッサン!

 

 

「父はこんなに野蛮じゃない」実在した反乱軍リーダーの家族が『コール オブ デューティ』を提訴|おたぽる

http://otapol.jp/2016/02/post-5685.html

 

ジョナス・サヴィンビ – Wikipedia

あわせて読みたい